とあるCS患者のDATABASE

~化学物質過敏症と戦う人のための情報提供ブログ~

【私が化学物質過敏症を発症した原因と考えるもの】その②~香水

私が化学物質過敏症を発症した原因と考えるもの、その2つ目は「香水」、フレグランスの使用です。

 

f:id:roid7:20190217180958j:plain

 

これは、どちらかと言うと自業自得の部類に入ってしまうのですが、一時期私は、フレグランスを使用していた時期がありました。たまたま通りかかった店舗で勧められた、あるフレグランスの香りを気に入ってしまって。

 

7~8年は使用していたでしょうか。同じ製品をずっと変えることなく、毎日手首の同じ場所に付けていました。

* そもそも手首につけるのは、香りが拡散しやすいので間違いなのだそうですが。

 

しかしそのうち、私の嗅覚ではその香りがだんだん感じ取れなくなっていきました。

 

最初は、フレグランスが劣化して香りが落ちたのか?などと考え、香りを感じ取れるようになるまで付ける量を増やし続けていたのですが…今考えればバカな話です。

 

おそらく、男性、女性を問わず、フレグランスを付けすぎている人は当時の私と同じタイプの人だと思います。将来、化学物質過敏症を発症するようなことにならなければ良いのですが。。

 

ちなみに、私が行っていたこの行為、今ほど数が多くはなかっただろうとはいえ、間違いなく化学物質過敏症の方に迷惑をかけていたはずです。知らぬこととはいえ、申し訳ないことをした、と深く反省しています。