とあるCS患者のDATABASE

~化学物質過敏症と戦う人のための情報提供ブログ~

【私が化学物質過敏症を発症した原因と考えるもの】その③~即席めん

私が化学物質過敏症を発症した原因と考えるもの、その3つ目は「即席めん」の食べ過ぎです。

 

f:id:roid7:20190217190059j:plain

 

土曜のお昼と言えば即席めん。 それが、私の子供のころの食生活でした。

 

これはおそらく、自分の家だけの文化なんだろうな…と漠然と思っていたのですが…先日たまたまTVでマツコ・デラックスがそういう家庭だったことを話していて、全国的にそういった家庭があったんだ、と知った次第です(出身地が全然違う地方なので)。

 

ちなみに私はマツコさんより一回り年上。即席の袋めんは「サッポロ一番みそラーメン」「明星チャルメラ」ぐらいしか見かけませんでした。

 

しかし当時の私は、その袋めんが大好きで。母親の料理が美味しくない、というわけではないのですが、大人向けに作られた料理の味に比べれば子供の舌にわかりやすくて匂いも魅力的、食べた後の満腹感も得られるとあって、しょっちゅう母親にせがんでは作ってもらっていたものです(小学校3年生ぐらいで自分で作るようになりましたが)。

 

まずかったのはその後。大学で一人暮らしを始めた私は、好きであることに加えて安くて満腹になる、という理由からこれを常食するようになりました。しかも、一度に二袋分を食べ、きっちりスープまで飲み切るというおまけつき…。身体に良いわけがありません。

 

ちなみに、即席めんが化学物質過敏症の自分に悪影響があるのでは、という疑いを持ったのは、結構最近のことです。ある日、久しぶりに買ってみた袋めんを作っている時にスープを噴きこぼしてしまったのですが、それがレンジで焦げた時にタバコの副流煙を吸い込んだ時のような凄まじい刺激とめまいが。。

 

心当たりがある方は、なるべく控えるようにした方が無難かと思います。

 

ちなみに私はというと…既にソウルフードのようになってしまっているため、自分の体調と相談しながら、月に一回程度を限度に食べています。スープはほとんど飲まないようにはしているのですが…ダメですねぇ。。