とあるCS患者のDATABASE

~化学物質過敏症と戦う人のための情報提供ブログ~

(2019.6.5)化学物質過敏症を発症したブログ主と大好きな車について

唐突ですが、5月31日金曜日に車の購入契約を結んできました。

 

子供のころから車が大好きなブログ主。自分で車を購入できる年齢になってからは2台のスポーツカーを乗り継ぎ、今でも以下のリンク先のブログで自分の車に対して熱い…というより暑苦しい思いを語っておりますが。

 【おそらくは地上最後のロータリーターボ】RX-7と過ごした日々

 

そんなブログ主が、今乗っている車「1999年式RX-7(FD-3S)」の乗り換えを考え始めたのが、だいたい3年前のこと。

 

古くなったから、というわけではありません。これまで発生したトラブルの類いはごく些細なものばかりですし、何より外装・内装とも非常に良好な状態。後継モデルがないことに加えて他に類を見ないデザインのおかげで古さも感じませんし、そもそもからして乗り換える理由がない。

 

そんなブログ主が考えを変える転機になったのが、「化学物質過敏症」の発症です。

 

発症して間もない約5年前、あまり深く考えずに車のハンドルを握って買い物に出かけたブログ主。道中、夢の中で運転しているような、ふわふわと現実離れした曖昧な感覚に驚いてしまって。その日から、そういった感覚が抜けるまでの間、車の運転を中断する羽目になりました(普通に危ないので)。

 

そして、ようやくそういった感覚が抜けきった約3年前に運転を再開。しかし、以前のような危うさは全く感じなくはなっていたものの、ひどく疲れやすくなっていて。。

 

これはもう、以前のようにこの車をサーキットで走らせることはできないな_これが潮時なのだと思うようになったのです。

 

本音を言えば、経済的な問題や駐車場の問題がなかったら、新しい車との2台持ちにしたかった。長く乗ってきた車だし、手元に残しておいてたま~にゆっくり流すような乗り方をしたりして。

 

しかし、どういう巡りあわせなのか、ブログ主は現在都心部に住んでいて。そんな贅沢なことは到底かなわぬ夢なのでした。

 

というわけで、今回購入した車の話。

 

もう一つのブログとの兼ね合いもありますので名前は伏せますが、

* 自動運転「レベル2」に対応

* 現時点で世界最高の安全運転支援機能搭載

という、今乗っている車とは真逆に近い、安全に全振りした車になりました。

 

高かったぜ…。

 

今は、新しい車が来るのが楽しみです。でも、今の車にはすごく愛着があるし、何より昨今の自動車を取り巻く環境を考えると、今後このような車が発売されることは二度となく。やっぱり、こういった事情で手放すのは複雑な気持ちです。

 

せめて、お別れの時までは大切に乗ろう。3年前に走ることができなかった「なぎさドライブウェイ」を走りに行こうかな。。

【ご参考】千里浜なぎさドライブウェイ - Wikipedia


今回の写真です。

 

f:id:roid7:20190601082950j:plain

 

気に入っている丸目4灯のテールランプ。色んな所に今の愛車の写真を残していこうと思います(笑)