とあるCS患者のDATABASE

~化学物質過敏症と戦う人のための情報提供ブログ~

【化学物質過敏症のブログ主が使用】食器用洗剤

ブログ主が使っているのは…

「サラヤ」です。

サラヤ ヤシノミ洗剤 野菜・食器用 つめかえ用 1500mL 

※クリックしてAmazonから直接購入できます。

満足度 80点

 製品機能満足度 ★★★☆☆

 症状への優しさ ★★★★★

 財布への優しさ ★★★★★

 入手のしやすさ ★★★☆☆

 

なお、キッチンペーパーと併用して使用しています。

スコッティ ファイン 3倍巻き キッチンタオル 150カット 4ロール 

※ブログ主はこれを使っていますが、こちらはお好みで大丈夫です。

 

◆満足している点

・症状にまったく反応しない

・自然由来で環境に優しい

・価格が安い 

◆満足していない点

・油汚れに弱い

◆注意が必要と考える点

・特にありません

◆製品についての感想など

化学物質過敏症の方が、症状に影響するものとして良く挙げられるのが洗濯用洗剤。しかし、ブログ主の場合は食器用洗剤にも強く反応します。

「洗浄力を高めるためには、ある程度化学物質を使用することも必要」ということなんでしょうかね。一部の例外を除き、総じて洗浄能力の高さを売りにしている製品は、症状への影響を強く感じます。

ここで紹介した食器用洗剤は、そういった症状への影響がまったくありません。自然由来で環境に優しいのも魅力です。

ただ、洗浄力に関して言えば、やはり油汚れが落ちにくいという弱点があります。ブログ主の場合、食器などを洗う前にキッチンペーパーできちんと拭き取っておくことで弱点を補っていますが、これではせっかく環境に優しいのが台無しという感じも。。

以下の記事で紹介しましたが、自然由来であってもシャンプー・ボディーシャンプーにはそういった弱点がまったくないものもあります。メーカーさんには、さらなる改善を期待したいところですね。

 【化学物質過敏症のブログ主が使用】シャンプー・ボディシャンプー

ちなみに、化学物質過敏症の方で洗剤にはまったく反応しないという方。 特に影響がないからという理由で普通の洗剤をお使いかもしれませんが、ここで紹介したような自然由来の洗剤に切り替える方が無難です。

化学物質過敏症の症状改善に大切なのは、

* 化学物質を体外に排出すること。

* 化学物質を体内に入れないこと。

の2点です。

反応しなくても化学物質が多く含まれる製品を使い続けることは、症状を悪化させたり症状の回復を遅らせたりする原因になりかねません。身の回りで使用しているものについては、反応する、しないに関わらず、可能な限り化学物質を使用していないものに置き換えることを強くお勧めいたします。

※自分の症状を十分に把握し、利便性と引き換えに許容する程度を決めて利用されている場合は除きます。ブログ主自身、情報を発信する立場上こういう書き方をしていますが、自分自身ではやむなく受容することにしているものもありますので。。

 

f:id:roid7:20190601092543j:plain