とあるCS患者のDATABASE

~化学物質過敏症と戦う人のための情報提供ブログ~

【化学物質過敏症のブログ主が使用】床掃除用ウェットタイプシート

ブログ主が使っているのは…

「友和」です。

セスキ炭酸ソーダクリーンシート リビング用 22枚×5個 

※クリックしてAmazonから直接購入できます。

満足度 80点

 製品機能満足度 ★★★★☆

 症状への優しさ ★★★★☆

 財布への優しさ ★★★★★

 入手のしやすさ ★★★☆☆

 

◆満足している点

・症状への刺激が少ない。

・汚れ落ちが良い。

・安価で丈夫な作り。

◆満足していない点

・水分保持力がもう一歩。

◆注意が必要と考えられる点

・特にありません。

◆製品についての感想など

みなさんは、床の拭き掃除はどうされていますか?

ブログ主の場合、普段は乾燥した床掃除用シートを使い、それに加えて月に2回程度、ウェットタイプの床掃除用シートを使うようにしています。

掃除機は、部屋の隅に溜まるホコリを吸い取るぐらいにしか使っていません。重いし取り回しがあまり良くないうえ、ホコリが室内を舞って症状に悪影響を与えるのが怖いので。。

しかし、実際の症状への影響は、 床掃除用ウェットタイプシートの方が重篤でした。具体的な製品名は伏せますが、化学物質過敏症を発症してからは、掃除している間だけでなく掃除した床からも強い刺激を受けるようになり。厚手で水分保持力も高かったので、気に入っていたんですけどね。

というわけで、代替品探しを開始してようやく見つけたのがこちら。汚れ落ちが良く丈夫な作りで安価、現在のブログ主では刺激もまったく感じません。

にもかかわらず、「症状への優しさ」を★4つにしたのは、このシートをけっこう最近になって見つけたから。もしかしたら、現在症状が重篤な方の場合、少し刺激を感じることがあるかもしれません。ただ、その場合でも掃除した後の床から刺激を受けることはほぼないと思いますので、掃除中のみマスクをすることで問題なく使えるのではないかと思います。

ちなみに「無添加」の製品としては、スリーエムから以下の製品が出ています。

3M ウェットシート 無添加 18枚 スコッチブライト 

実はブログ主、症状重篤時にはこちらを使用していました。ただ、「シートの作りがもう一つで床に貼りつき動かしにくい」「使い始めは多すぎるぐらいの水分を含んでいるが、あっという間に乾いてしまう」という問題があり、使用をやめました。

でも、床がフローリングではなく畳だったら使いやすいのかな。。症状に影響がないことが最優先、という方は、こちらの使用もご検討ください。

なお、これらの製品でだめなら、最後は「雑巾がけ」という手段があります。まあ、これを言ってしまっては身も蓋もないのですが。。

 

f:id:roid7:20190714081440j:plain