とあるCS患者のDATABASE

~化学物質過敏症と戦う人のための情報提供ブログ~

(2019.12.14)ブログ主が考える化学物質過敏症という名称が生み出す弊害

先週は発熱してしまい、更新が2週間空いてしまいました。定期的にお読みいただいている方、申し訳ございません。

 

ちなみにインフルエンザではありませんでしたが、今年は大流行している模様。昨日は、親しくしている知人からA型に感染したとの連絡が。。皆さまもお気をつけくださいますよう。

 

さて、前置きはこれぐらいにして、今回のお題です。書いていくのは「化学物質過敏症」という名称について。これ、実はブログ主が化学物質過敏症を発症して、その名称を知った時から思っていたことなんですが…

 

「過敏」って何なの?

 

いやいや、ブログ主は「人体に有害な影響がある化学物質に正常に反応している」つもりなんですけど?患者数が極端に少ない疾病であればいざ知らず、昨年時点で日本国内で「700万人を越える」と推計されている、もはやメジャーともいえる病気なんですけど?

 

はっきり言ってしまえば、患者サイドに問題があるような表現で超不愉快です。明らかに、化学物質を使用している製品サイドに問題があると思うんですけど。 

 

で、この名称による弊害ですが、おそらくはこの「過敏」という単語を捉えてのことと思いますが、我々患者のことを「統合失調症などの精神の病」などとして愚弄する輩がいます。それも稀にいる程度ではなく、ブログ主が勤務する会社にも普通にいる程度の数の人が。

 

もちろんこの病は精神的なものなどではなく、例えばブログ主の場合は、血液の検査によりタバコ副流煙の刺激に対し強い苦痛を感じることが証明されています。詳しくは以下の記事をご覧いただければ。

※診断書の内容をまるっと紹介しています。 

 

それなのに、ネットを検索すればちゃんと裏づけのあることが簡単にわかる程度のことをろくに調べもせず、精神の病などとレッテルを貼ってバカにしている人って何なんですかね?それ以前に、精神の病だからと言ってそういう人をバカにする行為自体が度し難いのですけど。

 

こういう人がいると、電磁波過敏症の人はもっと大変でしょうね。。化学物質過敏症に比べれば、まだまだ客観的に証明することは難しいようですし。 

 

しかしまあこういった人たちは、自分の無知・無能をさらけ出しながら、弱い立場の人を下に見ようと必死になっている哀れな存在です。ありていに言えば、「人格に病を抱えている人々」。イヤな目にあっている方も多いとは思いますが、生暖かい目で見守ってあげましょう。

 

さて、久しぶりに毒を吐いたところで、今日の写真です。

 

先日お参りした神田明神。秋葉原に用事があって出向く時に、たまに立ち寄ります。当日はお散歩中でしたが、可愛い「神馬」がいるので和みます。

 

f:id:roid7:20191214134954j:plain