とあるCS患者のDATABASE

~化学物質過敏症と戦う人のための情報提供ブログ~

【化学物質過敏症のブログ主が使用】ビタミン類

ブログ主が使っているのは…

「DHC」です。

DHC ビタミンC(ハードカプセル)徳用90日分 

DHC ビタミンBミックス 徳用90日分 

DHC 天然ビタミンE(大豆) 60日分 

満足度 ★★★★★★★★★☆

 

◆満足している点

・価格が安い。

◆満足していない点

・内容量が正確でないことがある。

◆注意が必要と考える点

・脂溶性ビタミンであるビタミンEの過剰摂取。 

◆製品についての感想など

化学物質過敏症になって「色々とお金がかかるなぁ」と思ったことはありませんか?

ブログ主の場合は自分で使う製品を色々試行錯誤していたこともあり、発症して最初の頃は特に、たくさんのお金がかかった記憶があります。

そこで、ビタミンを摂取するために選んだのがDHCの製品。成分表を見る限り他の高額製品とさほど内容は変わりませんし、何より安価で続けやすい!効果については摂取してすぐ劇的な効果が表れる類のものではないので比較は難しいですが、現在ブログ主が順調に回復していることを考えると、誤った選択ではなかったと思っています。まあ、上に書いたように内容量が正確でない(○○日分、と書かれているのに、指定量を毎日飲み続けているとだいたい端数が出る)という不満はありますが、値段を考えれば容認できる範囲かと。

ちなみに、上に挙げた摂取するビタミンには以下の効果が期待できます

・ビタミンC…アレルギーの原因を抑制する

・ビタミンB…神経活動の正常化や組織の代謝

・ビタミンE…免疫力アップ

化学物質過敏症の症状緩和のためには、必要なものばかりですね。

ただ、「ビタミンE」に関しては、過剰摂取しても尿と一緒に排出される水溶性の「ビタミンC・ビタミンB」と違って脂溶性(体内に留まる)ですので、取り過ぎには注意が必要です。

最後に、飲み方の工夫について。

これは、朝ビタミンを摂取するようにしていて、なおかつ朝が忙しいブログ主の場合なのですが、寝る前に翌朝飲むビタミン類を「ぐい吞み」に必要分だけ入れておき、起きた後すぐまとめて飲めるようにしています。袋に入った錠剤などを忙しい時に1種類ずつ数を数えて出すのは結構時間を取られますので、時間がない時は思わず飲むのをさぼってしまうことも…。別に入れておくのが「ぐい吞み」である必要はないのですが、ブログ主と同じようなニーズがある方にはお勧めです。

 

f:id:roid7:20190511095318j:plain