とあるCS患者のDATABASE

~化学物質過敏症と戦う人のための情報提供ブログ~

(2019.7.17)【勝どき つじ田】化学物質過敏症とは無関係なラーメン屋さんの話

えーすみません。今回は化学物質過敏症とはほとんど無関係な「ラーメン」の話になります。

 

なにぶん、この記事がジャンル分けされる「落書き帳」は、ブログ主が息抜きの記事を書くために作ったものなのですが、実質的にはほとんど化学物質過敏症に関連することばかり書いており…。

 

いや、参考にしていただいている方のことを考えればそれはそれで良いのですが、あまり根をつめて書きすぎると長続きしなくなるリスクもあり。というわけで、少しでも情報が欲しいという方には申し訳ないのですが、今回は近所のラーメン屋さんの記事です。

 

◆勝どき つじ田

 

ブログ主が、化学物質過敏症になりながらも即席めんを食べるのをやめられない、ということは過去に何度か書いておりますが。好きなのは、何も即席めんだけではありません。ラーメン屋さんのラーメンだって大好きなんです。

 

その中で、最近週1回ペースで食べているのが「勝どき つじ田」のラーメンです。

 

そもそも、うちの近所はしばらく前までは住宅地でなかったところが多くの割合を占めるため、飲食店の数が多くありません。そのためラーメン屋さんも数が少なく、自分が通いたくなるラーメン屋さんも多くはなかったのですが…昨年のお正月明け、勝どき駅の至近に出店してくれました。

 

ちなみにブログ主が食べるのは、多くの人が食べるつけ麺ではなくラーメン。それも、シンプルな「濃厚らーめん(780円)」になります。

 

理由は以下の二つ。

* らーめんのスープの味加減が絶妙。濃厚なのに塩味がまろやかで、一度飲み干してみたが「喉が渇いて水が欲しい」といった、濃厚な味を売りにした店のラーメンにありがちな塩味の濃さとは無縁。

* つけ麺より麺の量が少ない(つけ麺360グラム、らーめん240グラム)が、食べ終わるとおなかいっぱいで満足感が高い。

 

少しだけ症状に関係がある話をすると、上に書いた「塩分が少ないこと」「麺をたくさん食べなくても満足できること」の2点は、水太りを避け、体脂肪を蓄積しないという点で効果的です。特につじ田のラーメンは、「とんこつ」「鶏がら」「魚介」などを使用するかなり濃厚なものですので貴重な存在。濃厚なラーメンが好きなブログ主には本当にありがたいです。常連になるとトッピングのサービスもあるみたいですし(*)。

(*)ブログ主の場合、味玉をオマケしていただいているほか、海苔が孔雀の羽のようになっています。。

 

店内も安心して過ごせます。全席禁煙のうえカウンターの席が他のラーメン店に比べて少し広めで、となりの席の人が放つ洗濯物の臭いなどの影響も受けにくくなっています。

 

こちらの「つじ田」、チェーン店として展開されていますので、まだご存じでなく外出する余力がある方は、一度訪ねてみてはいかがでしょうか。

 

リンク:つじ田(店舗案内)

 

f:id:roid7:20190713164700j:plain

つじ田の「濃厚らーめん」