とあるCS患者のDATABASE

~化学物質過敏症と戦う人のための情報提供ブログ~

(2019.9.27)ようやく訪れそうな所かまわず大汗をかく日々の終焉

ようやく、涼しい日が多くなってきましたね。

 

今年は本当に大変でした…。暑さ自体は、昨今の異常気象を考えれば極端に暑い、というほどでもなかったのですが、自分の体質に大きな変化が起きていたせいで。

 

その体質の変化とは、「汗が出すぎて止まらなくなった」こと。

 

…。

 

このブログ、何だか汗の話ばかり書いてますね。化学物質過敏症を解消するために汗をかこう、症状でストレスを受けると汗がストレス臭を発するので気をつけよう、そして今回は、汗が出すぎて止まらない…。

 

でも、化学物質過敏症と汗をかくことは、切っても切り離せないものなのですよ?結局のところ、発症の原因の一つは化学物質を体外に排出する代謝機能が正常に働いていないことにあるわけですから。汗、大事。

 

ですが、ブログ主の場合は少し極端すぎました。今年の夏は、よく汗をかくし調子いいな、と思っていたのも束の間、陽射しもない日に外を少し歩いて家に戻ると、立ち止まった途端に滝のような汗が流れ、音を立てて床に垂れ落ちるような状態に。これはちょっとひどすぎる。。

 

汗をかくこと自体は良いことなんですけどね。以前の反動なのかどうかはわかりませんが、たぶんやっぱりどこかおかしくなっているのでしょう。

 

来年あたりは、発汗量が安定するといいな。そうなる頃には、症状も今よりもっと良くなっているかも。一歩一歩ですが、将来に期待です。

 

なお、今あまり汗が出ない状態にあるという方。以下の記事で「お風呂で効果的に汗をかく方法」を紹介しています。ご参考にしていただければと思います。


 

これから先の季節は、 最近の日本の夏では必須となってしまった、エアコンを使用しなくても済むようになります。そうなれば、部屋への外気侵入を比較的容易に防ぐことができますし、一方で楽に汗をかくのはまだまだ可能な季節。症状改善には恵まれた時期ですので、ブログ主と一緒に取り組みましょう。

 

さて、今回の写真です。

 

f:id:roid7:20190921204607j:plain

 

昨年、もう一つのブログの方で紹介した、猫島として有名な宮城県は石巻市、田代島に再び行ってきました。車を買い替えたので車両感覚に慣れるためと、使ったことがない最新機能を使ってみるのが目的でしたが、その模様は現在準備中の新ブログの中で、そのうちお伝えしたいと思います。

 

風景は、田代島の仁戸田港越しに、海を方を見ているもの。猫で有名な島ですが、綺麗な海に囲まれた小さなこの島は、静かで心が落ち着きます。今年は、釣り目的で来ている人も多く見かけました。